kenko tokai

~ 創立明治20年 日本で最も歴史のある工業高等学校 ~


支部長挨拶


新年度を迎えて

sakura

東海支部長の岡崎冨雄です。
県工同窓生の皆様には益々ご健勝でご活躍のこととお慶び申し上げます。 日頃は県工同総会の諸活動にご協力をいただき厚く御礼を申し上げます。
皆様ご承知のように、母校は平成28年に創立130周年を迎えました。また私ども東海支部も平成27年に支部発足30周年の大きな節目を迎え、それぞれ新しい目標に向かって活動しているところであります。
さて本年も2月に恒例の県外支部説明会が開催されました。本年、関東・東海・関西3支部に出られる人数は合計51名で、各支部ごとの人数は、関東支部19名 東海支部16名 関西支部16名であります。

現在東海支部には240名余(登録会員数)の先輩の皆さんが各種企業において、また地域において活躍されております。支部といたしましては、先輩・後輩の絆を大切に、情報交換の「場づくり」を検討していきたいと考えております。
新卒の皆様の今後の活躍を祈念申し上げます。



東海支部ホームページ開設にあたり

shibucho

東海支部長の岡崎冨雄です。
平素は県工同窓会活動にご理解とご協力を賜り深く感謝申し上げます。
さてこの度、念願でありました東海支部のホームページを開設する事になりました。これによりまして、これまで以上に会員相互の交流が活発になるものと、大変期待をしております。

同窓会活動の意義や目的につきましては様々な意見がありますが、どの様な想いや関わり方であったとしても共通する事は、個々の活動が伝統ある母校の発展に繋がっているという事です。 昨今では少子化に伴い統廃合される工業高校や男女共学に変革する学校も増えていますが、『本多の森の我が母校』はこれからも多くの人材を輩出し継続的に発展して行かなければなりません。そしてそのためには母校の生徒や教職員の弛まない努力に加えて、卒業生の皆様の暖かいご支援が不可欠であります。
 この機会に是非お気軽に同窓会活動に参加して頂き、母校への想いやご意見などを頂ければ幸いに存じます。

 結びに、皆様の今後益々のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。






to top